アニサマ2017で登場した切り札とは??

この記事は3分で読めます

先日、

Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-

8252627日に開催されました。

今回1日あたり、27,000人、

3日間の合計81,000人ものアニソンファンが

さいたまスーパーアリーナに集まり、

3日間で総勢54組140名の出演アーティストによるステージは

15時間以上になりました。

 

僕は今回、

1日目の25日に参加することができました。

 

3月下旬ごろから抽選申し込みが始まり、

出演アーティストを見た時には、

旬のアニソンから、過去盛り上がったアニソンまで、

揃って聞くことができそうだなと思いました。

 

個人的に1日目に出てくる

 AqoursFLOW、田村ゆかりさんが聞けるだけで、

贅沢だなと思っていたのですが、

参加されるアーティストの追加発表を知るたびに、

全部好きなアーティストばかりでいいの!?って思うくらいでした。

 

だからこそ、

この日に絶対行きたいなと思いました。

 

当選した瞬間からは嬉しくてたまりませんでした。

 

そして当日、

 

僕の家は埼玉から車で5時間ほどかかるような長い距離なので、

朝6時という時間から車で新東名を走らせていました。

 

朝は、サービスエリアで、夏という暑さ真っ只中でありますけど、

静岡おでん と、おにぎり で体をあっためながら行きました。

 

続いて休憩に駿河湾サービスエリアに行きました。

ラブライブ!サンシャイン!!のとコラボになっているのでぐるりと周り、

コラボとなった、のっぽパンを補充して再出発。

 

途中は首都に近づくこと渋滞が起こり、なかなか進まない状況になりながらも、

なんとか12時前には着くことができました。

 

お昼の時点で、スーパーアリーナの周辺はとても賑わっていて、

活気があふれていました。

 

スーパーアリーナの目の前には、

オフィシャルグッズ、アーティストグッズ、CDが販売していて、

スタッフの方々が休みなく対応していました。

 

けやきひろばに行けば、カラオケ大会が行われており、

あと数時間後には本番のライブがあるにも関わらず、

日差しが強いなか、コールなどの声援で盛り上がっていました。

この人たちの体力が底知れないなぁなんて思いました。

 

昼食も食べ終わり、

時間があったので、

さすがに本番前にバテないために、

アリーナから歩いて駅の反対側にある、

コクーンシティという中で、

雑貨を見たり、本屋に行ったりして涼しんでいました。

 

開演が近くになった頃、

お手洗いを済ませようとしましたけど、

これからライブに参加される方々であろう人々が

列を作っていて驚きました。

 

実際に会場に入ろうと今回は200レベルだったので、

Aゲートから入ろうとしましたけど、

かなりの人で並んでいて、

開演時間過ぎたあたりでなんとか入ることができた時には、

もう中では暗くなっていて、

ペンライトで周りは赤くなっていて、

会場の熱気がだんだん上がっている様子でした。

 

早め早めの行動が大事だな~と学びながら

席について、

ペンライトと飲み物を取り出したと同時に

ライブが始まりました。

 

イントロが流れSOS団の登場した時に、

僕だけでなく、周りの人や会場全体が一気に盛り上がったの

今でも思い出します。

テレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のed

「ハレ晴レユカイ」を聞くことができて本当に嬉しかったです。

 

この時点で、今年は熱量がすごいなと思いました。

 

アーティストが代わりがわりに登場して、

その度に、アニメのことを思い出したり、

周りの皆さんとコールをしたりと、

とにかく楽しくて仕方がなかったです。

 

アーティストの皆さんを見ているのもいいのですが、

周りの人を見るといろんな楽しみ方をされていました。

 

僕は去年買ったアニサマのペンライト1本だけ使って

曲のリズムと周りに合わせながら、振っていましたけど、

それ以外に、

二刀流だったり、

見たことない形のペンライトだったり、

ペンライトを持たずに素手でエールを送っている人がいたり、

周りに迷惑をかけない程度に踊っている人がいたり、

腕を組んで仁王立ちで聞いている人もいたり、

 

人の数だけ、いろんな楽しみ方をしていました。

(運営の許容範囲内で済むほどなんだと思う)

 

休憩時間になった時に、

カロリーメイトを食べて小腹を満たしました。

 

後半からも

熱は冷めることなく続いていって、

途中、サプライズの登場や、

会場全体でウェーブの一体感は清々しかったです。

 

曲のイントロが流れるたびに、

アーティストが変わって出てくるたびに、

会場の雰囲気はまた違った盛り上がり方を見せました。

 

最後の最後まで、

ライブでのコールなど

勢いが止まらずに楽しめました。

 

エンディングにアーティストの皆さんが、

オフィシャルグッズのTシャツに着替えて登場して、

アニサマのテーマソングを歌って終わりました。

 

ここにきて本当に良かった!!

来年の夏も行きたいと思いました。

 

好き者同士がこうやって集まった時の一体感ってのは、

すごいエネルギーがある場所になると思います。

 

どんなライブやイベントになろうと

参加をするという意識を持っていいくことが大事。

そして、めいいっぱい楽しみ。

好きな同士の空間でよりよく作っていく意識を持って、

参加をしていくことが大事だと改めて思いました。

 

楽しさがあるのは、

そこでみんなが大事にしたい場を作ろうとすること。

場を守っていく、そういう文化のようなものを

大事にしたいです。

 

これから参加してみたいという方には

ぜひこの良い意識を持って参加していただいてほしいな

と思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事